サイズを合わせてくれる

女性

矯正マウスピースを利用する目的は様々あります。主に、寝ている間に歯ぎしりをする場合や、同じく寝ているときにいびきをかいてしまう場合、これを防止するのに役に立つでしょう。これを利用することで、それぞれ悩みを解決することが可能になります。とは言え、寝ている間に着用するものですので、サイズが合わないと無意識のうちに口の外に出してしまう可能性も否定できません。これを防ぐために、自分にぴったりのサイズを購入することが重要になります。ただ、実際に着用してみるまでそのサイズはなかなかわからないものです。やはり、人によって顎の形や歯の特徴が異なるからです。そこで、マウスピースを専門的に作成してくれるところにお願いをすれば、自分のサイズでぴったりのものを作ってくれることがあるでしょう。

自分でサイズを合わせるタイプもある

歯ぎしりはいびきなどで悩んでいる場合には、自分で矯正マウスピースを購入しても良いでしょう。当然、この時サイズが合わない可能性もあります。そこで最近は、購入するものでも実際に口の中に含めて噛み合わせて見てからサイズを合わせるものもあります。例えば、熱湯に入れておき柔らかくした状態で噛んでみると、自分の歯型がそこにできます。この場合、わざわざ業者などにお願いせずに済むため非常に便利と言えるでしょう。ただ、気をつけておきたいのは実際に利用する場合にサイズが合わないようなこともあります。やはり、まだマウスピースが柔らかい段階で、噛むときの力の入れ方の加減も重要になってきます。優しく噛みすぎると、歯を食いしばる段階で形が合わないことも出てくるでしょう。この場合には、もう一度やり直しをすれば正しい形にすることが可能です。

形によっても使いやすさがある

矯正マウスピースを購入したい場合でも、形が様々なものがあります。その中で、どのような形にするかをよく調べておくと良いでしょう。ただ、ある特定の商品が評判が良いからといって必ずしも自分の口に合うとは限りません。具体例を言えば、少し厚みのあるものと薄いものがあります。また、硬さもそれぞれで若干柔らかいものもあれ硬めのもの存在しているわけです。この場合には、まず安いものを購入してみて、自分に合っているかどうかを判断しましょう。後は、実際に目的が達成できるかが重要になります。例えば、歯ぎしりを防止する場合には本当に歯ぎしりがなくなっているかを確認しておきましょう。もし、同じ部屋に家族がいる場合には家族に歯ぎしりはなくなっているのかを確認すると良いです。特に気がつかなかったと言われればそれなりに効果があったものと判断して良いでしょう。また、いびきの場合も家族を起こしてしまう可能性があるため、やはり家族に様子を聞いてみるのが良いです。

広告募集中