HOME>特集>歯の矯正の進化を知ることで安心感を得ることで

自己管理を考える

マウスピース

インビザラインの治療といっても様々で、人によっては歯と歯の間を削ってから治療を行ったりする場合もあります。インビザラインで出っ歯の矯正をすることは多いです。インビザラインは基本的に透明のマウスピースをはめるだけで矯正を可能とします。歯の状態は人によって異なっていて、歯と歯を削る場合もありますが、通常は削らないで矯正することができます。透明なマウスピースを活用するインビザラインは取り外しが可能で、より気楽な矯正法です。しかしながら取り外しが可能なことは、自分で歯の矯正を管理する必要があることも意味しています。

強いモチベーションを

取り外し可能なインビザラインですが、20時間以上は歯にはめておく必要があるので、食事時間など以外は歯にはめておくのが通常となります。歯の矯正のモチベーションを保つには、歯を矯正するという強い意思が必要になります。高いモチベーションを持つ手段として、3Dシミュレーションがあります。インビザラインで出っ歯などを矯正する際には、3Dシミュレーションで治療過程を計算します。こうしたシミュレーションを見ると治療過程が具体化できて、歯の矯正後をイメージ化しやすくなります。出っ歯の矯正はインビザラインで確実に行うことができます。

広告募集中