HOME>イチオシ情報>歯が抜けても悲観しないでまずは治療を開始しよう

歯を補うために

インプラント

自分の歯がずっと抜けないことが一番良いことですが、ほとんどの人はどこかの歯を失ってしまいます。前歯が抜けてしまうと周りの人にも知られてしまいますし、とても気になるでしょうからなるべく見た目の良い方法で歯を補った方が良いでしょう。そう言う人がとても多いこともあって、インプラントで歯を補う人が年々増えています。堺市にも良い歯科医院がありますから、歯が抜けたら早めに相談しましょう。多くの人がインプラントにするのは見た目だけの問題ではなく、安定感があることも理由の一つです。なるべく自前の歯と同じような状態に近づけたい人が多いですし、安定感があれば硬いものも安心して食べられるので歯が抜ける前とほとんど変わらない生活を送れます。

他とは違う固定の仕方

診療室

人工の歯を補う場合、入れ歯だと健康な歯に金具を引っかけて固定するので安定感に問題が出ることもあります。ブリッジの場合は歯が抜けた場所の隣の歯を削って人工の歯を固定するために、健康な歯を削るリスクがあります。インプラントの場合は人工歯根を手術で埋め込み、それを使って人工の歯を固定するので健康な歯を傷つけなくて済みます。堺市の歯科医院でももちろん治療を受けることができるので相談してみませんか。

見た目も良い治療法

インプラント

せっかくですから、堺市の歯科医院でインプラントにして他の自前の歯とほとんど変わらないようにしてもらいませんか。周りの歯と同じような色や形にしてもらえますので、自分でもどこをインプラントにしたのか見分けがつかなくなるかもしれません。金具を使って固定しているわけではありませんから、審美性にとても優れています。これなら、前歯が抜けても治療した際にどこを治療したのかを周りに知られることはありません。

広告募集中